スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜は

職場のレクレーションの一環?でお食事会へ。
何が食べたい?って聴くと「おにく~」って事で
SPS梅田から程近い、神戸に本店のある「ステーキ みその」さんへやって来ました。

DVC00160_M.jpg

どれどれ?お幾らぐらい?って事で幹事さんと思案。
最低のコースで大台突破(爆)
まぁ、積み立てと追い金で何とかなるかぁ。。。

追い金がいくら掛かるんだぁ。
  ブツブツ ブツブツ蓮怜嶺 で、オーダーしちゃいました。
全部でA4ロース裂1000gを五人で。怜

DVC00155_M.jpg

神戸が本店なので神戸牛かと思いきや、シェフのお話から鉄板焼スタイルのステーキが元祖であること、その日の仕入れで神戸牛に拘るより各地のブランド牛を提供されているとの事。
本日の特選ロースは、米沢牛だそうです。

この鉄板、オープン当初から使い続けている20mm厚だそうです。
神戸で敗戦後、お好み焼で創業され進駐してきた米兵向けにステーキを出されたのが始まりだとか。

ガーリックをスライスしオイルで綺麗に焼き上げています。
この時の鉄板はMAX250℃にもなるそうですが、お客さんの近くの鉄板は60℃になっているそうです。
火が入らず冷めない温度と調理する部分の温度を約2.5mx1.5mの一枚モノの鉄板で実現するには秘密のノウハウがあるとか。。。
で、シルバーに輝く鉄板はお客様毎に磨いておられます。

ガーリックの上に特選ロースを乗せて焼いていきます。

DVC00157_M.jpg

お店のオーナーの方針でシェフによる派手なパフォーマンスはありませんが、お好み焼が発祥らしくお好み焼のコテとぺティーナイフを使って操っていきます。

DVC00158_M.jpg

ミデアムレアーに焼き上がりました。
脂身と筋はこの後切って小さく刻み5回ほど油汁を絞ってカリカリに焼き上げてくれました。
塩と胡椒のスパイスを効かし、お醤油と和カラシ(つーンときません)でイタダキマス。もちろんそのままでも。

DVC00159_M.jpg

あ~美味しかった!秊








コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ricetree.blog104.fc2.com/tb.php/581-845af14e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。